2016
07.06

7/5(火) サーモンとポテトの蒸し物

2人ごはん。


・サーモンとポテトの蒸し物
・切り干し大根の煮物
・おくらのおかか和え
・味噌汁
・もち麦入りごはん(夫) もち麦小豆入り玄米ごはん(ワタシ)


認知症・・・不思議な病気です・・・

認知症の伯父と接するようになって2年が過ぎました
ワタシの伯父との接し方は少しずつ形が変わってきています
毎日ヘルパーさんのお手を拝借することができるようになり
伯父の生活もこの2年をかけて
   (それでも・・・2年かかった・・・という気持ちもあります) 
少しずつ変わってきたと同時に
伯父の認知度も少しずつ進んでいます

伯父のことを知らない人が
伯父と話をしたとき 認知症だとは ほぼわからないです
その瞬間の対応はできるからこそです
数分でも時間が過ぎれば 伯父にとっては過去になり
過去の記憶をたどることは・・・できません
記憶が混在するのか 全くゼロ設定になるのか わかりませんが・・・

昔のことをよく覚えていると言うのは
認知症を発症する前のこと・・・をよく覚えているんです

脳の記憶の引き出しの構造は摩訶不思議です^^

今日 ケアマネさんから慌てて?!連絡がきました
ケアマネさんの話の内容が・・・
何に慌てているのか 何が言いたいのか よくわからないこと多々あるんですが(笑)
今日もあれこれ咀嚼して状況を確認してみると・・・

はは~~~ん (笑)

ってことが起きていました(笑)

これはできるけど・・・そのことに対する事後処理ができない・・・
記憶に留まっていないから

記憶に留まらない部分の手助けが
どうしても必要になる

伯父自身は そんな必要性を感じていません 
覚えていないから・・・

ワタシは
ケアマネさんやヘルパーさんや高齢になってきている弟夫婦である両親が
できない・・・ことを少々手助けのスタンス・・・だと思っている
なかなかワタシの立ち位置も難しい(笑)のだ^^

という訳で(笑)
今回も相手方にご迷惑がかからないように!
伯父の事後処理に走りまする~♪

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top