FC2ブログ
2014
10.28

10/27(月) 焼きコロッケ と チッチャイワタシ^^

ひとりごはん。


・焼きコロッケ
・ほうれん草とにんじんの胡麻和え
・おからの炒り煮
・小豆入り玄米ごはん


愚痴です。
長いです。
ここで(笑)吐き出して 自分の気持ちを整理して 自分を楽にします♡

実家父の兄であるおじ。
近い者は遠慮がないのか・・・反発が起こる^^
80代と70代になっても兄と弟。
兄の事を思っての弟から意見?助言?されることに・・・兄は過度に反応する。
そういうものなのか・・・?!
そういうものらしい・・・両者を見ていると^^

ワタシ自身も
実家父と話をしていると^^過度な反応を見せられる。
親と子だから・・・。

この年齢における上下関係?!
経験の多い年長者は若輩者からの話は・・・聞き入れてもらえない^^
言い方 しゃべり方もあるんでしょうけどね。

おじの正しいと思うことと 実家父の正しいと思うこと
それぞれに物の見方が違うこともあるでしょうね~
それは実家母にもワタシにも言えることで・・・
ただ・・・皆・・・
言い出したら譲れなくなる傾向は・・・年齢とともに強くはなっている(笑)

世代のせいか?と思ったりするが・・・
実家母を見ているとそんなことはいっさい無い。

やはり性格・・・なのかな~^^

そんな高齢者兄弟の間に入り^^ 右往左往する実家母とワタシ。
我々女子は(笑)2人でできることはやっている・・・と思っている。
それでも実家父から見れば 足りないことばかりのようで ← まぁワタシの力量不足なのだ^^
こうするべきだ!ああするべきだ!と助言をくれる。

そうかもしれない・・・

実家父の言い分は正しい・・・

けど それを実践できるか・・・と言うと容易なことではない。

おじは認知症であっても 
本人の自覚は無く ひとりでキチンと生活している自負があるのだ。
そこは尊重しなければ・・・傷つけてはいけないと思うのだ。

おじの中で物事がどのように整理されて記憶がとどまるのか・・・
やはりよくはわからない。

実家父の話を聞いていると・・・
ワタシが出来ていないことを指摘され続けているようで・・・
ワタシ自身の気持ちが萎える(笑)

こんなことは子供のころから変わらないんだけど^ ^

ほんとはね^^
未熟なワタシが考えることは・・・
おじ宅から帰宅した実家母とワタシに
実家父から
「おかえり」
「ありがとう」
「ご苦労様」
の言葉があれば 救われるのだ(笑)
全く持って チッチャイワタシ(笑) 
恩着せがましいわね。親切の押し売りみたいよね。

実家父の話を拝聴するにしても・・・
その言葉だけでもあれば・・・
言葉がけがワタシの気分を楽にしてくれる。

いやしいな~ワタシ。

どんなにおじと接していても
どんな言葉が発せられ どんな行動をとるのか わからない。
毎日毎日同じ言葉かけしても 初めて聞くような回答をするおじ。
その現実をワタシ自身が咀嚼するには・・・結構辛い作業なのだ。
毎日ドキドキだ(笑)

実家父の要望を叶えて あげようと思い・・・また行動するんだろうな~(笑)
それでまた次の要望がでるんだろうな~(笑)

まぁ~それは仕方ないだろう~^^ワタシが未熟だから。

それでも「ありがとう」の言葉があれば 足取り軽くなるな~(笑)

やっぱり・・・チッチャイワタシ! ← 身体は大きいのに~^^

おじ宅から帰宅すると
自分自身のイヤな面と直面する(笑)

と・・・繰り返しして消化するのだ^^
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top