FC2ブログ
2014
07.08

7/7(月) おでん と ちょっと踏み込む。

ひとりごはん。


・おでん
・小松菜の胡麻和え
・サラダなす
・味噌汁
・玄米ごはん


七夕なのにね~
関係ないか・・・
土砂降りです。

西日本で生活する家族と東日本で生活する家族には・・・
当たり前だけど、少々天気にずれが生じる。
そんなこんなで安否確認は必要な訳だ^^

そんな雨の中 おじのところに薬を届けた。
認知症の診断を受け 要介護2の判定を受けた
おばはすでに他界 子供なし ひとり住まいのおじ。
先月 診察後薬局で薬剤師さんが 薬を見て
「薬の袋に日付をいれましょうか?」と言ってくださった。
でも・・・
日付以前に・・・薬の存在を忘れてしまうので・・・
お手間をおかけするだけと思い 遠慮した。
その旨を薬剤師さんにお伝えすると
「そうですよね・・・」とご理解いただいた。
今はお薬カレンダーに薬を入れ 毎日電話をして 薬を飲んだか否かのフォローをする。
お薬カレンダーは1週間分が入るもの。
先週のようにワタシが留守にする場合は
もう少したくさん入るお薬カレンダーを使う。
今のところは・・・これで薬の服用はできている。

おじを見る限り 認知症には見えない。
ごくごく普通に生活している高齢者に見える。

それでも
脳はアルツハイマー型の認知症を症状がはっきりでている。

ワタシが見ていて 一番の症状は『記憶』。
その場での判断はできる。

例えば
郵便物の必要なものとそうでない物の仕分けもできる。
でも
時間がたつと郵便物そのものの存在を忘れる。

買い物もできる。
スーパーマーケットに行っても おじが必要なものを買ってくることができる・・・。
けど
毎回同じものを買ってくる。
200cc入りの牛乳 野菜ジュースのパックが冷蔵庫のポケットにズラ~と並んでいる。
4個入りのヨーグルトが4つも5つもある。
昆布のパックが5つも6つもある。
とろろ昆布の袋が10以上ある。
ブルーベリーのジャムが10個くらいある。
食パンが何斤もある。
などなど・・・

これを変だとは思わないおじ。
買い物に行くときには全てがリセットされているだと思う。
そして毎回同じ物を買ってきて たまる。

ワタシがこの異変に気が付いたのは今年に入って・・・
ヘルパーさんに冷蔵庫の中や台所周辺を片づけてもらったのは3月。

おじとめいの関係でなかなか踏み込めずにいたが・・・
今日はちょっと踏み込んでみた^^
冷蔵庫の中の消費期限切れの物を取出し
おじに日付を確認してもらい
「おなかを壊してはいけないので 処分するね」と伝えた。
この踏み込むことの怖さは・・・
ワタシが盗ったのではないか・・・
という不信感をおじに抱かせることにならないか・・・と言うことである。
不信感は心のバリアになるものね~
でも・・・大丈夫そうな・・・気がする。

何事も少しずつである。
何よりも
「元気なうちは何でも自分でするんだ」といつも言っているおじだから。

ワタシがおじに接するのはいつも実家母と一緒である。
ひとりでは・・・ちょっと・・・と思うのだ。
やっぱり そこは おじとめいである。
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top